【Photoshop】RAWデータを一括でjpegに変換する方法

 

スチル撮影したRAWデータは非圧縮データなので容量が大きく、ちょっとした確認などのデータ転送には不便ですよね。

枚数が多ければ、一枚ずつ変換するにも時間がかかります。

そこで、Photoshopを使って一括で容量の軽いjpegに変換する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

RAWデータをjpegに変換する方法

Photoshopを開く

 

Photoshopのホーム画面

 

フォトショップを開いて、ホーム画面にいきます。

 

RAWデータを変換する

 

フォルダからスクリプトを選択してイメージプロセッサをクリックする

 

ファイル→スクリプト→イメージプロセッサをクリックする。

 

jpegの設定をする

ポップアップからRAWデータやjpegの設定を行います。

 

RAWデータやjpegの設定を行う

 

  1. RAWデータの入っているフォルダを選択します。
  2. 保存先のフォルダを選択します。
  3. jpegの画質を設定します。

 

 

RAWデータが入っているフォルダを一括で変換しますので、変換したいRAWデータを1つのフォルダにまとめましょう。

 

保存先は、同じ場所に保存を選択すると、RAWデータが入っているフォルダに自動でjpegのフォルダが追加され、そこに保存されることになります。

違う場所に保存したい場合は、保存先のフォルダを指定しましょう。

 

jpegの画質設定は、0~12の間で設定るすことができ、12が最高画質になります。

 

以上の設定を行なって、実行をクリックすると一括で jpegへ変換されます。

 

.DNGはAdobeが提供しているRAWの規格

RAWデータは、カメラのメーカーごとで拡張子が異なります。

ソニーは.ARWやキャノンは.CR2など、いろいろな拡張子があります。

 

現像する時には、それぞれの専用ソフトを使わなければいけないなど、制約があり少し不便な部分があります。

 

そこで、拡張子が異なるRAWデータを一度.DNGへ変換して互換性を持たせることにより、Photoshopでも現像することができるようになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

PhotoshopでRAWデータを一括でjpegに変換する時は、拡張子がDNGでもRAWデータですので、問題なく変換が可能です。

また、PhotoshopでRAWを現像する場合は、そのままの拡張子では作業ができないので、一度DNGファイルに変換してから作業しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)