プレミアプロでテロップを入れる方法【フォントは追加できます】

 

プレミアプロでは、動画を見やすくするためにバリエーション豊富なテロップを自由に配置することができます。

入れ方は簡単ですので、すぐにマスターできると思います。

 

プレミアプロの凄い所は、フォントのバリエーションが豊富なところです。

フォントの追加方法についても紹介しますので参考にしてください。

 

スポンサーリンク

プレミアプロでテロップを入れる方法

準備

テロップを入れたい場所のクリップに再生ヘッドを合わせます。

 

テロップの入れ方の画像

 

再生ヘッドを合わせたら、左側にあるツールの中のTアイコンを選択します。

縦書きテロップを入れたい場合は、Tアイコンを長押しすることで変更も可能です。

 

テロップの文字を入れる

プログラムモニターで左クリックして文字を直接画面に入力します。

 

テロップの文字の入れ方

 

テロップを入れた時に、四角く文字化けしてしまう時はフォントを日本語に変えると入力できます。

テロップのフォントは、ソースパネル内の[エフェクトコントロール]→[テキスト]→[ソーステキスト]で変更可能です。

 

テロップに色をつける

テロップのクリップをを選択して、ソースパネル内の[エフェクトコントロール]→[ソーステキスト]→[アラビアランス]で色・縁・影を入れることができます。

 

縁やシャドウをつけるとで、動画内のテロップが読みやすくなり、見やすい動画に仕上がります。

 

テロップの色や縁の入れ方

 

  • 塗り→テロップの色
  • ストローク→テロップの縁
  • シャドウ→テロップの影
縁の太さは、数値を上げると太くなります。

シャドウをつける幅は、下のバーを右にずらすと広くなります。

 

テロップをコピーしたい時

テロップのクリップを選択して、(Command+C or Control+C)を押して、コピーしたい場所に(Command+V or Control+V)を押すとコピーできます。

 

コピーした先の文字を変えて、効率よくテロップを作りましょう。

 

エッセンシャルグラフィックスを活用する

先ほどテロップの色や縁をつける時に使用した、ソーステキストは必要最低限の機能だけが備わっています

 

もっと細かくテロップの設定したい場合は、エッセンシャルグラフィックスを活用しましょう。

 

エッセンシャルグラフィックスの出し方

左上の[ウィンドウ]→[エッセンシャルグラフィックス]を選択すると、右側に新しくエッセンシャルグラフィックスのパネルが出ます。

 

スポンサーリンク

テキストツールでテロップを調整する

テロップのクリップを選択して、エッセンシャルグラフィックス内→[編集]→テロップの文字を選択すると調整できます。

 

テロップの位置や大きさを調整する

[編集]→[整列と変形]でテロップの位置や大きさなどを調整します。

 

エッセンシャルグラフィックスの文字の位置を調整する画像

 

テロップに図形を追加したい場合

エッセンシャルグラフィックスの[新規レイヤー]→[長方形]を選ぶと図形を追加できます。

図形がテロップの上に重なって見えない場合は、テキストをドラッグして下にスライドさせるとテロップが見えます。

 

エッセンシャルグラフィックスの図形の追加の画像

 

図形の色や縁はエッセンシャルグラフィックスの[アビアランス]で変更できます。

図形を用いると、このようなテロップも作成可能になります。

 

テロップの画像

 

テロップのフォントを追加する

最初に変更できるフォントは、パソコンに初めから入っているフォントです。

Adobeには、無料でフォントを追加することができます。

 

Adobe Fontsを活用する

エッセンシャルグラフィックスを出して、フォントのテキストを開く。

右上にAdobe Fontsを追加するをクリックすると、フォントを追加することができます。

 

フォントの追加方法

 

テロップを選ぶ

日本語表示を選択する。

気に入ったフォントを探してください。

 

フォントの探し方

 

テロップをインストールする

フォントをアクティベートするを選択するとインストールされます。

 

フォントのインストール方法

 

インストールしたフォントを使用する

先ほどと同じように、エッセンシャルグラフィックスからフォントを開きます。

クリエイティブクラウドのアイコンを選択すると、Adobe Fontsのみ表示されます。

 

インストールしたフォントを使用する

 

適用したいフォントをクリックしてください。

 

POINT
インストールの制限はありませんが、数が多すぎると重くなるので注意してください。

 

スポンサーリンク

まとめ

プレミアプロでテロップを入れる方法については終わりです。

自由に色や配置を変えることができて、オリジナルな動画を編集することができます。

おしゃれなフォントを制限なしで、使えるのはプレミアプロの強みだと思います。

 

動画編集のことについてもっと勉強したい方は、おすすめのオンライン学習についてまとめた記事がありますので参考にしてください。

価格が安いので、気軽に始めることができます。

現役のクリエーターさんが、1からレクチャーをしてくれるので、動画編集の基本を学びたい方はぜひどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)