おすすめのモーショングラフィックス作品【解説付き】

モーショングラフィックスをこれから始められる方が、まず初めにやることは、多くのモーショングラフィックス作品を観ることからだと思います。

たくさんの動画を観て、自分の中で良い・悪いの判断基準を持つことは大切なことです。

 

僕がこれまで観てきたモーショングラフィックス動画の中で、おすすめの動画をカテゴリー別に紹介します。

動きの部分だけでなく、デザインも意識して観てみましょう。

良いモーショングラフィックスは、どの部分を切り取ってもデザインが美しいものだと思います。

 

たくさんのモーショングラフィックス動画を観て、洗練されたかっこいいモーションクリエーターを目指しましょう!

 

スポンサーリンク

2Dモーショングラフィックス

Industory2017PV

Industory2017PV from industory on Vimeo.

 

画(デザイン)と音が気持ちよくマッチングした動画です。

個人的に一番好きな動画です。

観ていて、あー気持ちいなぁってなりません?笑

抽象的なグラフィックデザインの中に、BGMでさらに洗練された印象を与えます。

 

駒澤大学CM 「キミの可能性編」

 

コピーライティングと映像がうまくマッチングした動画です。

コピーライティングは、グラフィックだけでも十分に読む人の心を動かします。

しかし、時間軸を持たせて動きを加えることにより、より多くの情報を表現することも可能です。

 

例えば、ことばにスポーティーなイメージを持たせたい時は、素早くフェードインさせたり、親しみやすい印象を与えたい時は、ゆっくりなど様々な表現方法ができます。

 

Typography Opener Motion Graphics

Typography Opener Motion Graphics from Antony Parker on Vimeo.

 

シンプルだけど、細かい部分にモーションをつけて表現している動画です。

モーショングラフィックスを制作するときに、エフェクトに頼りがちですが、シンプルな動きでもかっこいい動画は作れます。

 

この動画は、カットインとシンプルな単語の動きだけで最後まで表現した方が良かったのかなと思います。

 

Airbnb Cycling Experiences

Airbnb Cycling Experiences from ILLO on Vimeo.

 

デザインがしっかりしているモーショングラフィックスです。

計算して配色をすることで、一枚絵としても綺麗なデザインになります。

 

SLACK // What Is Slack?

SLACK // What Is Slack? from Giant Ant on Vimeo.

 

伝えたい内容をモーショングラフィックスの中に上手く落とし込んでいる動画です。

煩雑なプロジェクトもSLACKなら整理して安全に管理できるコミニュケーションツールということが的確に表現されています。

 

このようにモーショングラフィックスの強みは、静止画だけでは伝えきれない情報を伝えられることだと思います。

それと同時にグラフィックにすることによって、言語が通じなくても表現でき情報を伝えることも利点の1つです。

 

3Dモーショングラフィックス

SKAI TV ΙDENTS

SKAI TV ΙDENTS from YETI PICTURES on Vimeo.

 

LEGO Star Wars Millennium Falcon

LEGO Star Wars Millennium Falcon from Imaginary Forces on Vimeo.

 

スポンサーリンク

実写とモーショングラフィックスの融合

MIZUNO Seiei Brushstroke Athletes in Action

MIZUNO Seiei Brushstroke Athletes in Action from MOVMASTER on Vimeo.

 

一言で表すことのできるモーショングラフィックスです。

この動画を観て一言で表すとすれば、ミズノの墨絵の動画だと言うことができます。

観ている人が頭の中で一言で表すことができる動画は、ブランディングをしていく上で重要なことです。

 

Nike – Battle Force 2018

Nike – Battle Force 2018 from oddfellows on Vimeo.

 

まとめ

最近では様々な人が動画を作る時代になりました。

ただ、モーションさせることのできる人は数多くいます。

 

その中で、他とは違うモーショングラフィックスを作るためには、グラフィックデザインの知識は欠かせません。

その他にも、ブランディングの知識があると求められる結果に対して、正しくアプローチした動画を作れるようになります。

これからはモーションだけでなく、モーション+αの知識が求められてきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)