【Premiere Pro】動画素材がオフラインエラーの表示になった時の対処方法

 

Premiere Proで動画編集中に動画素材のリンクが切れた時の対処方法をご紹介します。

 

動画素材の保存場所を移動させたり、相手方からプロジェクトファイルを受け取った時に、動画素材のリンクが切れてしまっている場合があります。

そんな時は、再リンクすることで解決しますのでぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

動画素材がオフラインのエラーになった時の対処方法

 

PremiereProメディアリンク切れの画像

 

動画素材などの全ての素材は、PremierePro内で最初に読み込んだフォルダからリンクして表示さえれます。

保存先のフォルダから移動させるとリンクが切れて上の画像みたいに赤くエラー表示が出てしまうので注意しましょう。

 

メディアリンク切れを直す

リンク切れの動画素材がどこに保存されているか分かっている場合

 

リンク切れしている素材のシーケンスパネルのレイヤーを右クリックします。

[メディアをリンク]をクリックします。

 

画像のようなポップアップが表示されるので、再リンクする動画素材を選択します。

動画素材の保存先に再リンクするために、検索をクリックしてください。

 

メディアのリンク切れの対処方法の画像

 

 

続いて素材がどこにあるのか検索してリンクをつなげていきます。

 

メディアリンク切れの対処方法の画像

 

1.動画素材が保存されているフォルダを選択してOKをクリックする。

動画素材が再リンクされて、表示されるようになります。

 

リンク切れの動画素材がどこに保存されているか分からない場合

 

メディアリンク切れの対処方法の画像

 

リンク切れの動画素材がどこに保存されているのか検討がつかない場合、検索して探し出す必要があります。

 

  1. おおよそ素材がありそうなファイルを選択する。(全くわからない場合は、ローカルディスクやデスクトップなど大きくファイルを選択します。)
  2. 完全に名前が一致するものだけを表示にチェックマークを入れる。
  3. 検索をかけて素材を探す。

 

素材を見つけることができたら、選択してOKすると再リンクされて素材が表示されます。

すでに素材が消えている場合は、再度パソコンに取り込んでください。

 

まとめ

メディアリンク切れの対処方法は以上になります。

プレミアプロのプロジェクトファイルを受け渡す時によくリンク切れのエラー表示が出たりします。

再リンクする設定画面に元々動画素材があったフォルダが表示されているので、まずそこを探しにいくと良いかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)